ナイツ・やくみつる、貴乃花親方インタビュー特番の危険性を指摘…「ちょっと一方的だった」

スポンサーリンク

ナイツ・やくみつる、貴乃花親方インタビュー特番の危険性を指摘…「ちょっと一方的だった」 – ラジオ芸人の小ネタトーク2月10日放送TBSラジオ『ナイツのちゃきちゃき大放送』より。

テレビ朝日で放送された貴乃花親方の独占インタビューを受けて、やくみつるとナイツが相撲協会の改革イコール貴乃花親方という決めつけが怖いと語り、放送が一方的過ぎたと指摘した。

 

やくみつる:やっぱり真っ当なお尋ねがあって、何故理事会で反論しなかったかって言った時に、そこで反論する事は無用な混乱を招くって…でもそこは唯一の発言の場ですからね。それで終わった後、この時期に発言するっていう事がよほど混乱を招く事であって、その辺のおっしゃってる事は違うなという事は思いましたけどね。

土屋伸之:その辺がやっぱり他の親方達には…

やくみつる:その辺の言ってる事は、例えば相撲道に対する気概とか、非常に敬重に値するところがあるんですけど、やっぱ出し方がおかしいなっていうところは…

土屋伸之:やっぱり凄い怖いのは、『相撲協会を良くする、改革するイコール貴乃花親方』って決めつけが…

やくみつる:そんな単純な話じゃないし、八角さんが色んな事に後ろ向きだっていう事もない。確かに「(被害届を)何とか取り下げてもらえないか」っていう件は、やっぱり事をちっちゃくしようという意図があってよろしくないとは思いましたけどね。

土屋伸之:問題はありますね。

やくみつる:善悪をどっちかが官軍、どっちかが賊軍っていう分け方は、またそれを新橋でマイク向けられたサラリーマンとかが「貴乃花さんの言う通りだね」っていうああいうシンプルなあまちゃん思考になってみたいもんだなっていうくらい単純な…

土屋伸之:あははははは

塙宣之:分かりやすいからね。やっぱそういう風にしちゃうんだけどね。それがいつか違う事になった時…逆転した時が、これをどう説明するかって。

土屋伸之:世論が極端に傾く時ってね。

塙宣之:色々ありますよ。それは。僕は貴乃花親方が別に嫌いじゃないですけど、何か突き止めるといろいろあるわけじゃないですか。だからそこも全然報道しないし、やっぱおかしいですよね。

やくみつる:ちょっと一方的だったね。

塙宣之:一方的になっちゃいますよね。

スポンサーリンク