岡村隆史、安室奈美恵の引退の美学について語る…「『えーっ!』っていう時に辞める方がカッコええな」

スポンサーリンク

岡村隆史、安室奈美恵の引退の美学について語る…「『えーっ!』っていう時に辞める方がカッコええな」 – ラジオ芸人の小ネタトーク9月14日放送、ニッポン放送『岡村隆史のオールナイトニッポン』より。

安室奈美恵の引退宣言を受けて、岡村隆史が芸能人の引退に対する考え方に言及。上岡龍太郎や島田紳助を例に出し、絶頂期に辞める美学について語った。

 

岡村隆史:

もうどえらい事になりましたね。みんなご存知やと思いますけど、安室奈美恵の圧倒的幕引き。SAMさんと結婚しはった時もビックリしましたけど、こんな事あんねんなぁって思いますけども。あと1年で引退。引退って事は芸能界から居てなくなるっていう事ですから活動休止とは違いますから。「また戻ってきたらいいやん」っていうのと違いますからね。引退ですから、これでもうまた歌いたくならないのかなぁって、踊りたくならないのかなぁって思うてしまう。

その場合やと恐らく活動休止であったりとかそういう事ですよね。例えば留学したりとか、「また戻ってきます」とか。だから宇多田ヒカルの場合はそうだったと思います。活動休止っていう事でしたけど、安室ちゃんの場合は引退って言ってしまったから、そうなってくると完全に芸能界から居てなくなるという。

辞めるってよ、安室奈美恵辞めるってよ(放送作家笑)凄くない?こんなホンマの終わり方って中々出来へんのよ。僕なんかも言うても最終的にはどっかでスパっと辞めたいなって思う。イメージ的にはその方が芸能界っていいやんか。「まだ出来んのに」って思われてる間に辞めた方がかっこええし、ボロボロになって「あの人テレビ見いひんようになったな」って言うようになって終わっていくよりかは、一番ここっていう時にバーって、例えば上岡龍太郎さんとか。

嘘かホンマか分からへんけど、奥さんと『あの人は今』みたいな番組を見てはって、「もし俺があの人は今みたいな事になったら嫌やなぁ。そしたら言うてや。ええとこで辞めたいし」って言わはったんですって。ほんで奥さんが「今やで」って言わはったんって。「あ、ホンマ?それなら整理するわ」って言って辞めたっていう都市伝説みたいなのが残ってんねん。

だから上岡師匠を凄いリスペクトしてはったから紳助さんも「辞めます」って言うて、一連の時に、「辞めなくても」ってみんなが思うたかも分からんけど、そこでスパっと辞めはってん。そんなんがあるからこうやって「えーっ!」っていう時に辞める方がカッコええなって凄い思ってて。

だからよく爆笑問題さんがさんまさんに「ボロボロになるまで続けて欲しい」って。「ムチャクチャになっていく様を明石家さんまは後輩とかに見せていう方がいい」って爆笑さんは言うねんけど、俺は違うと思うてんねん。俺はそうじゃなくてさんまさんは「まだまだ出来ますやん!」って言う時に「やっぱ辞めるわ!」ってバーンって辞めてくれた方が…見たくないねん、そういうさんまさんとか、「しんどいわ」みたいな。そんなんは絶対見たくないし。

だからこうやって安室ちゃんみたいにズバンっ「辞めます」っていうのは凄いなと、俺なんかもどっかでしがみついて…口では言うよ。「最後とか色々考えてますか」って言われたら、「スパっと辞めれたら一番いいですけどね」って。そういうのがいいと思いますし、「もう芸能界に全然悔いないです。いつ辞めてもいいんです。会いたい人も会いましたし」っていいますけど、やっぱしがみついてたいもんね。

やっぱモテたいし、まだ(笑)っていうのがまだあるから、こんな決断はでけんで。

スポンサーリンク