伊集院光、佐川急便伝票書き換えツイートに言及…「痛くもない腹を探られる人がいっぱい出る」

スポンサーリンク

伊集院光、佐川急便伝票書き換えツイートに言及…「痛くもない腹を探られる人がいっぱい出る」 – ラジオ芸人の小ネタトーク12月21日放送TBSラジオ『伊集院光とらじおと』より。

佐川急便のドライバーに伝票を書き換えられ代金を多く取られたというツイッターが波紋を呼んでる事を受け、伊集院光がひとりの不正で他の人間が痛くもない腹を探られると指摘。佐川は対策をオープンにして正式にコメントすべきだと語った。

 

伊集院光:
佐川急便による代引きの書き換え…ちょっと最初はネットから話題になってね、数字の『6』を『8』に書き換えて2,000円代引きを多く取ってる人がいました。これをツイッターで「俺はこういう事されたんだよ」っていうのを出したのに対してみんなが「どういう事だ?どういう事だ?」ってなるわけですよね。

新井麻希:
はい。

伊集院光:
これツイッターなんで、真偽の程は難しいんだけど「俺もされた」っていう人も出てきてワーってなってる中で、佐川急便が「どうやらうちの荷物を運んだ人がやったらしい」という事で、本人同士で解決ついてる事になって…

内山研二:
のようですね。

伊集院光:
でも、それでいいのか?っていう事でね。これ本当に、特にこの時期こういう宅配の小口運送やってる人はまぁ大変ですよ。その中でひとりか分かんないけど、こいつがお金をちょろまかしたせいで、1件・1件見ますよ。もう。代引きをやる時に見ますよ。伝票を。

内山研二:
ああ。

伊集院光:
書き換えの跡が無いかどうか、「ちょっと伝票が中に入ってるので確かめてください」って。中の伝票と今払った金をちゃんと見比べて、見極めますよ。それで痛くもない腹を探られる人がいっぱい出る。それで手間が…1件5分がドンドン積もり積もって遅配になる事だと僕は思うんです。

内山研二:
そうですね。

伊集院光:
だから「当事者同士で話がつきました」とか、「とりあえず、これはこれで多分1人だと思います」じゃなくて、佐川さんは佐川さんでちゃんと他の人が疑われなくていいような対応をしてくれないと困るし、意外にネットで僕ね、なるべくカードは使うんですけど、たまにカードに対応してないものってあるから、ネット通販で代引きって割りと使うんですよね。

内山研二:
はいはい。

伊集院光:
その時に、「買ったお金と送料とか税足すとこれぐらいのお金になるのかな」と思っちゃうんですよね。だからこんな事する人いると思ってないから、それは払うし。払う事は全然不正解じゃないし、なんだけど、「これで終わりです」みたいな事じゃ無いと僕は思うんですよ。

内山研二:
はい。

伊集院光:
元々あったツイッターも「話がついたんで、これで結構です」ってなってんですよね。この人はこれで関わんなくていいですよ。ある意味被害者なんだから。だけど佐川の方はちゃんとそれをオープンにして、「こういう対策を取ったから二度と起きません」みたいな事をしないと、このクソ忙しい時にホント大変だよ!

スポンサーリンク