村本大輔、松本人志の器のでかさを語る「陣内さんはコミニュケーション知らない」

スポンサーリンク

村本大輔、松本人志の器のでかさを語る「陣内さんはコミニュケーション知らない」 – ラジオ芸人の小ネタトーク8月17日放送「ウーマンラッシュアワー村本大輔のオールナイトニッポン」より。

自分はビビリの陰口専門だと公言する村本大輔。前の放送で品川祐をネタにした事を本人が聴いてないかビビっていたという。そしてダウンタウンDXで品川と収録が一緒になった際に謝りに行こうとした時の松本人志とのやりとりを語った。

 

村本大輔:

ちょっと1時間早めに行って、楽屋の前で土下座する準備してたんですよね(放送作家爆笑)品川さんという商品で笑いを取った。僕にとって謝罪はお会計だという発想にする事にしまして。お会計してなかったな、そういえばって事ですよね。

(収録の)1本目が品川さんやったんですね。2本目が僕らやったんですよ。品川さん達がやってる最中に終わったら謝りにいこうと、休憩所みたいなところに行ったら、ダウンタウンの松本さんがいらっしゃってて、「どうした?お前2本目やろ」みたいな。

ちょっと品川さんの事ラジオで言ってしまって、ひと言使わせてもらいましたってのを言いに来ましたってみたいな事を行ったら、これが松本さんのすごい優しさなんですけど、普通そういう時って「何言った?」とか「何?何?何したの?」とか言うでしょ。芸人って、嬉しそうに。

一切触れず、一切聞かず、「お前、謝るんはいいけど、品川は今本番中や。他の共演者もいてる。休憩中とはいえ。そこでお前が謝って、品川が怒るにしても、周りに共演者がおったら怒れへんやんか」と。

「例えば怒ったとしても、次の休憩明けの仕事やりにくいやんか。それはお前卑怯や。それは謝るほうのエゴやんか。みんなの前で謝ったら向こうも言いたい事言えんし、それは違うぞ」と。「楽屋で品川が終わるのを待って『兄さん、すいませんでした』って言いや」って。

「お前はその後収録や。お前的には怒られたら凹むかもしれへんけど、それはお前の責任やからしょうがない」って事を言って・・・これめちゃめちゃデカくないですか。一切詳細を聞かず、ペーペーの僕に対して「謝り方が違うで」とちゃんと教えてくれるってすごい感動して。

楽屋戻って、そやったな、僕のエゴやったなと思って、吉本の先輩ってのはデカいなと。

その後品川さんが歩いてこられて、品川さん!って言ったら「おう」って感じでニヤって笑われて、普通に松本さんの楽屋に行ったんですよね。そんなに怒られるかな思ったら、やっぱ吉本の先輩は器がでかいなと思って。優しい人多いなと思って。

僕の横の楽屋が陣内さんの楽屋やったんですよね。陣内さんのとこ行って「どうした?」って言われて、さっき品川さんとこうこうこうで、ラジオで言って謝らないかんなと思ってたんですよって。

陣内さんが「え!?何言ったん!?」(放送作家爆笑)

「何言ったん?何言ったん?」「お前何したんやー!?あかんでお前ー!」「それでお前、何言ったん!?ひゃー!」みたいな・・・

あんな可愛らしい花柄の小さい器は中々見れない・・・いやビックリしてね。全然違うやん、同じ先輩でもって思って。やっぱピンやから人とのコミニュケーションって知らないんでしょうね(笑)

「陣内コミニュケーション知らない」ってネットニュースになって、次、陣内さんに謝りいかないかんみたいな。

結局、吉本の先輩ってのは温かいなみたいな(放送作家爆笑)

奥田さん!(放送作家)、今笑う事によって僕の発言に悪意が出てくるから。これ笑ろうたらあかんわ(笑)僕今マジで言ってるのに。笑う事によって、もう負の連鎖ですよ。

ネットニュースのやつがパチパチパチパチ叩いて「村本が・・・その後ケタケタケタ」になってるかも知らんですよ(放送作家爆笑)

スポンサーリンク