ラジオ芸人の小ネタトーク

有吉が見たイケ好かない外資系の金持ち「きったねー中華料理屋の大将のほうがよっぽど紳士」

スポンサーリンク

有吉が見たイケ好かない外資系の金持ち「きったねー中華料理屋の大将のほうがよっぽど紳士」 – ラジオ芸人の小ネタトーク7月5日放送「有吉弘行のサンデーナイトドリーマー」より。

行きつけの中華料理店で食事をしていた有吉。そこに入って来た見た目外資系企業に勤めていそうな中年のカップルのいけ好かない態度について語った。

トーク相手はアシスタントのダーリンハニー吉川とアルコ&ピース酒井。

有吉:
外資系の会社で働いててトレーダーとか銀行?お金を扱ってるような仕事。

吉川:
はいはい。

有吉:
会話を聞いてたら「ドイツの件なんですけど・・・」とか世界規模で。

酒井:
いやぁ凄いですね。

有吉:
最初はちょっとイチャイチャしてたんだよ。不倫カップルっぽい二人が。途中から仕事の話になってくるのよ。男のほうが上司で女のほうが部下だから「ドイツの件なんですけど」とか言い始めるのよ。

吉川:
はい。

有吉:
男もちょっと外資系だから「食事中だ。ナッシング、ナッシング」って。

吉川:
ナッシングって言ってたんですか。

酒井:
ださっ(笑)

有吉:
いやホントかなって思ってさ。「でもちょっとこれだけは話しようよ」ってさ。

吉川:
はい。

有吉:
「ドイツの件はね、私でいいのかしら」って言うわけ。何のドイツの件か知らねーよ。それこそ「ギリシャのデフォルトが何だかんだの関係でドイツの件は私でいいの?」って言うわけよ。

吉川:
はい。

有吉:
そしたら男がさ「お前に任せたんだぞ」っていうの。「でも私はいいのかなって思ってるよ」って言ったらさ「おい、何の為俺がいるんだよ」

酒井:
うんうん。

有吉:
「俺が守ってやるよ」ってじじぃがばばぁに(一同爆笑)

吉川:
でもそこは頼もしい上司で

有吉:
頼もしい上司っちゃ頼もしい上司だけどさ。「そか。ありがとね」って言って俺が行ってるような見せだから安い店よ。

吉川・酒井:
(笑)

有吉:
そしたら女がそれでほっとしたんじゃない?「チャーハンいいですか?」ってチャーハン頼んでるの(一同爆笑)外資系の偉そうな話してるやつがさ、ちょっと守ってやるよって言われたらひと段落して気持ちがほっとしたんじゃない?腹減って「チャーハンいいですか?」って(笑)

吉川:
いいでしょ別に(笑)

有吉:
男のほうも「餃子!」って言い始めて、大将が気つかってさ「餃子数調整できますよ。お二人ですから4個にもできますし」って。

吉川:
はいはい。

酒井:

有吉:
「3個が基本なんですけどね」って言ったら「2個にしてよ」って、ひとり1個ずつ・・・せこい。

酒井:
それずっと聞き耳立ててたんですか?

有吉:
そしたらやっぱり本性出るなって思ったのが、チャーハン来て女が豚みたいに食ってるんだよ。外資系のドイツ任されてる女が。

吉川:
腹減ってたんじゃないですか?

有吉:
そしたらまた仕事の話が始まるんだよ。

吉川:
はい。

有吉:
男のほうもちょっとお酒が入ってきたんだけど、チャーハン食いながら赤ワイン飲んでるバカだから(一同笑)

酒井:
凄いな、それは。

有吉:
ビール飲めばいいのにカッコつけてるから、でっけーグラスにワインちょっとのやつ。匂いだけも酔っちゃうやつ。餃子食いながら。

吉川:
ははははは

有吉:
ジュンコならジュンコでいいじゃん。「ジュンコ君はね、ラストチャンスだと思うよ」「どういうこと?」「前回ちょっと失敗してるしね。女だてらに頑張ってるけど今回ラストチャンスだよね。頑張ってよ」って言ったら「は?何偉そうにラストチャンスっていってるの?」・・・そこで何かキレた。

酒井:
えーーーー

有吉:
女の人の琴線に触れるやつがあったんだろうな。

吉川:
あー

有吉:
そしたら女財布取り出してさ、チャーハン代だけぱっと置いてさ「帰ります!」って立ち上がったのよ。

吉川:
えっ!

酒井:
はい。

有吉:
男も立ち上がって「待てよ!」って肩掴むじゃん。女が「離してくださいっっ!!!!」

吉川:
えええええ

有吉:
大騒ぎしてさ。「ちょっと!みんなが見てるでしょ。恥ずかしいやめてください!」って女が店出たところでさ扉開けてさ「離せ!バカ!!」

吉川:
えええええ

有吉:
男が「おい!殺すぞ!お前!」

吉川:
うわーー

有吉:
さっきまで「守ってやる」ってカッコつけてた外資系のドイツとかギリシャとか言ってたやつがさ「てめぇ殺すぞ!」って。女は「離せ!バカ!てめぇこそ殺すぞ!」

酒井:
なんだそれ。

有吉:
バーッって女逃げてったのよ。男パッと帰ってきてさ、カバンいじるじゃん。普通金パッと置いて出て行くじゃん。

酒井:
そうですよね。

有吉:
席座ってさ「みなさんすいません」って言いながらチャーハン食い始めた(一同爆笑)

吉川:
それは・・・

酒井:
すげーっすね、それ。

有吉:
やっぱ東京にいるよく分かんないカッコつけた金持ち。どうせ田舎から出てきてんだもん。

酒井:
絶対そうですよ。

有吉:
俺なんかと一緒よ。田舎の田んぼの妖怪ドロタボーみたいな奴が東京来て何とか人間に化けてんだよ俺ら。スーツ着て。

吉川:
はい。

有吉:
だからあいつらきたない、どうしようもないヤンキー上がりみたいなやつらがカッコつけてさ、女と不倫してんだよ。

吉川:
ははははは

有吉:
「俺が守ってやるよ」だって(笑)その数分後に「お前殺すぞ!」って(一同爆笑)

吉川:
地が出ちゃったのかもしれませんね。

有吉:
そう。もう最悪よ。きったねー中華料理屋の大将のほうがよっぽど紳士だったよ。へへって見てた(一同爆笑)

スポンサーリンク
モバイルバージョンを終了