「JUNK深夜の馬鹿力」カテゴリーアーカイブ

伊集院、最新の横文字を使う人達を言及「もがきながら喋ってる。分かんないって言ったら負け」

6月29日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。

最新の横文字はちょっと経つとボロくなる事を伊集院光が指摘。更にそれを競うように使う人たちに関して語った。

続きを読む 伊集院、最新の横文字を使う人達を言及「もがきながら喋ってる。分かんないって言ったら負け」

伊集院光、ネット出前でのトラブルを語る「デジタルだけど、内情は退化してる」

6月29日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。

先週、ネットを利用した中華の出前システムを利用した伊集院光。今週は家に着く時間を逆算して出先から時間指定でつけ麺を注文。しかし、思ってもみなかったトラブルがあった事を語った。

続きを読む 伊集院光、ネット出前でのトラブルを語る「デジタルだけど、内情は退化してる」

伊集院光が驚愕!蛭子能収のぶっ飛び発言「事務所に内緒の仕事をテレビで暴露」

6月22日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。

伊集院光が好きな番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」のレギュラー蛭子能収。
マイペースでワガママなキャラが人気だが、番組中で伊集院がビックリしたぶっとび発言とは。

続きを読む 伊集院光が驚愕!蛭子能収のぶっ飛び発言「事務所に内緒の仕事をテレビで暴露」

伊集院、路線バスの旅でのマルシアを絶賛「テレビに憎まれ役みたいな人必要」

6月22日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。

伊集院光が好きな番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」の20回記念が放送された。
その回のマドンナ森尾由美がいい人すぎる為、前回放送マドンナのマルシアのキャラが際立つ事に。それを受けて伊集院独自のテレビ論を語った。

続きを読む 伊集院、路線バスの旅でのマルシアを絶賛「テレビに憎まれ役みたいな人必要」

伊集院、天皇の料理番の展開の早さについて「ダイジェストだと主人公がイヤな奴に見える」

6月22日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。

木村拓哉主演の「安堂ロイド」以来、まともにドラマを見ていない伊集院光。久し振りに彼の目に止まったドラマ佐藤健主演の「天皇の料理番」。その内容の展開の早さについて語った。

続きを読む 伊集院、天皇の料理番の展開の早さについて「ダイジェストだと主人公がイヤな奴に見える」

伊集院、デジタルデリバリーの穴を指摘「出前のおじさんだけがIT化されてない」

6月22日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。

奥さんが不在で出前を取った伊集院。ネットの出前注文サイトを利用した。
今はチェーン店のお店だけでなく、個人経営のお店も登録されているという。
メニューにトッピングの温泉卵を付ける事から注文受付の自動返信メールまでデジタル化されている事を受けての自身の考えを語った。

続きを読む 伊集院、デジタルデリバリーの穴を指摘「出前のおじさんだけがIT化されてない」

伊集院光、日本ハム新外国人を酷評するも家族と遭遇して気まずい雰囲気に

6月15日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。

札幌ドームで行われた日本ハム-巨人の交流戦、ラジオ中継のゲスト解説で呼ばれた伊集院光。日本ハムの新外国人助っ人不要論を展開していたが、たまたま近くにいた選手の家族と微妙な空気になってしまったエピソードトーク。
続きを読む 伊集院光、日本ハム新外国人を酷評するも家族と遭遇して気まずい雰囲気に

伊集院光、ナイナイの岡村の立ち回りを絶賛「神田うのが僕らのはらわたに火をつける」

6月8日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。
リスナーからの「最近見つけた面白いテレビ番組ありますか?」との質問メールを受けて「解決!ナイナイアンサー」をあげた伊集院光。出演者の神田うのやナイナイ岡村隆史について語った。

続きを読む 伊集院光、ナイナイの岡村の立ち回りを絶賛「神田うのが僕らのはらわたに火をつける」

伊集院光、小売りの現状を知らないコメンテーターにもの申す「スーパーでバイトしてみろよ!」

6月8日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。
製造を自粛していたぺヤング焼きそばが販売再開。それをXデーより先に販売する店舗が出ているというニュースを受けての伊集院の見解。

続きを読む 伊集院光、小売りの現状を知らないコメンテーターにもの申す「スーパーでバイトしてみろよ!」

伊集院が驚愕したDEAR FRIENDSの誕生秘話「俺の分からないロックというアーティストの雰囲気が持つ凄み」

6月8日放送「JUNK伊集院光深夜の馬鹿力」より。

PERSONZが24年ぶりに武道館でライブをやるという話題を受けて、伊集院が昔聞いた「DEAR FRIENDS」の誕生秘話を披露。

続きを読む 伊集院が驚愕したDEAR FRIENDSの誕生秘話「俺の分からないロックというアーティストの雰囲気が持つ凄み」